PresentChoose

気遣う心も一緒に贈るなら結婚内祝いのマナーを知ること

気をつけたいマナー

結婚

上司へのタブー

結婚祝いを贈ってくれる人は、身の回りにたくさんいるかもしれません。その中には職場の上司がいるということもありえます。そんな上司に対して、例え高級なものであっても、スリッパや靴など「踏む」ものを贈るのは絶対にタブー。理由は踏みつける、という印象を与える為、目下から目上に贈る品としてふさわしくないからです。また、相手を踏み台にする、とも受け取られかねません。

グルメか物か

内祝いのギフトとして、スイーツを始めに多種多様なグルメが選ばれやすいものですが、贈る相手によっては体調面でNGの可能性もあります。特に高齢者に対しては気をつけましょう。迷惑とならないよう、事前に体調面に関してリサーチしていた方がいいかもしれませんね。

シンプルなデザイン

贈るものを日用品に決めたなら、どんな人でも使いやすようシンプルなデザインを選びましょう。男女誰でも使いやすい、ということをベースに選ぶとよりいいかもしれません。あまりにも独特なデザインは人によって使いにくいこともありますよ。日用品として人気な品には、食器、リネン類などが挙げられます。

これは大変失礼!相手にとって嫌な「Forギフト法」

贈るタイミングの遅さ

内祝いを贈るタイミングをはっきり把握している人は一体どれほどいるでしょうか。目安としては「頂いてから1ヶ月以内」とされています。明らかに2ヶ月、3ヶ月と経ってから贈られると、それがお祝いの品だとしても相手に対して失礼になる恐れがあるのでご注意を。どうしてもやむを得ない事情があったときには、それを説明する機会を設けましょう。

メッセージカードなし

無言のままにギフトを贈られても、どういった意味合いなのか不可解なままなら喜びに欠けるものです。のし袋に記載される項目を見たら何のことか把握できるにしても、一言メッセージがあるかないかだけでも、そのギフトの顔が大きく変わりますよ。筆無精であってもたった一言で充分です。

明らかに高額の品

結婚内祝いの品を選ぶときに、特に気を付けてほしいのが金額。明らかに、贈ったものより高額な品が届けられると失礼な!と思ってしまうことも・・上等な品を贈りたいという気持ちはわかりますが、内祝いを贈る際には相手からの品を越えない程度に抑えることの方が大切です。

届く前に一言

宅配サービスを利用してギフトを贈るときは、相手にその旨を必ず伝えること。もし生物を贈る予定なら、注文する前に相手の都合を先に伺ってから日時指定してあげましょう。日中お仕事に出ている人ならなおさら確かめておきたいところです。

広告募集中