PresentChoose

好きな商品は何ですか?相手が満足する内祝いのギフトの贈り方

メッセージカードの添付

日本では昔から季節ごとの挨拶として、年賀状を始め、さまざまなお手紙のやり取りをされることが多いです。その為、今でも正式な場にはメッセージを含める招待状やお礼状の存在に重きをおいているところがあるでしょう。内祝いのギフトにも、頂いたことに対する感謝の気持ちを込めて、ぜひ一筆添えてみてください。

内祝いでよく選ばれる言葉の表現

お気遣い

内祝いというのは先にも伝えたように、頂いた贈り物に対するお返しの品。お返しする際にめでたい気持ちを贈ってくれたことに対し、「お気遣いをありがとうございます」と表現する人は多いものです。

心のこもった贈り物(頂いたもの)

どんなシーンであっても、他者から贈り物を頂くというのは当たり前のことではありません。物価としての大きさはどうあれ、相手からの気持ちを汲み取り「心のこもった贈り物」と表現してお礼を伝えると、相手からしても喜んでもらえたことが伝わりやすいものです。

お礼のしるし

お礼の「品」ではなく「しるし」という表現は、メッセージの中のぬくもりを柔らかくする効果があります。丁寧分であるのは前提に、少し表現を変えるだけでもそのメッセージの顔はほのかに変わりますよ。

ご笑納

贈り物を贈る際に「お納めください」というのが通常の言葉であるなら、それを柔らかい表現にしたのが「ご笑納ください」。固い印象を与えないのであちらこちらに使いたいところですが、尊敬の念をもつ目上の方へ使うのは避けましょう。少しくだけた印象になるので、相手を誤ると失礼になる可能性も・・。

ささやかな贈り物(贈るもの)

日本人らしいつつましさが100%伝わるのがこちら。どんなものであっても「あなたが贈ったものには敵いませんが」という謙遜の意も込められています。こうした表現は目上、目下に関わらず使える文言なので、メッセージの第一歩に使ってみては。

便利なカタログギフト

ギフト

ギフト選びの時短

出産内祝いをゆっくり選びたくても、子育て、家事、仕事に追われてなかなか時間を作れないというケースもありけり。内祝いには感謝の気持ちを込めたいので、雑に選ぶことを避けたいなら思い切ってカタログギフトを選びましょう。相手が本当に欲しいものを贈られるカタログギフトには多ジャンルの商品が含まれ、食品から日用品、レジャー用品など幅広く選べるようになっています。もうこれでギフト選びに時間を掛けることはありません。

相手の好みにストライク

カタログギフトの魅力は、何と言っても相手が好きなものを選べるところにありますね。どの品であろうと料金は一律になっているので、家族と相談しながら選ぶ人も中にはいます。こうした機会に、普段なら自分では買わないようなものにも気軽に手を伸ばせちゃいます。

多人数にもピッタリ

贈る相手の数があまりに多いときにも、すんなり役立つのがカタログギフト。通販という形式で取り扱うショップも多く、自ら贈り届けずとも、通販ショップから直接配送してもらうこともできます。中には少しぶ厚めのカタログもありますが、自宅に直接届けられるなら相手に負担を掛けることもありませんね。

広告募集中